加熱したりんご7976は、栄養素が増えたり減ったりする

りんごに含まれる栄養素は、加熱により増減します。正確に言えば、増えるもの、減るもの、変わらないものの3種類があるのです。 増えるものは、ペクチンです。加熱することで、ペクチンは9倍にも増加します。ペクチンは、水溶性の食物繊維で、消化器官の粘膜を保護する働きがあり、便秘解消の作用もあります。ペクチンの粘膜保護作用は、風邪の悪化を防止するとされますので、冬に加熱したりんごを食べることは、健康面から推奨されます。 減るものは、ビタミンCです。しかし、りんごには元々ビタミンCがそれほど多く含まれていないため、加熱でビタミンCが損なわれたとしても、大勢に影響ありません。酵素も加熱で壊れますが、特に問題はありません。りんごを茶色に変色させる酵素も壊れますので、むしろ好ましいことです。 さほど変わらないのは、ポリフェノールです。ポリフェノールは、加熱に強いため、ほとんど失われることがありません。ポリフェノールは、活性酸素を減らす抗酸化物質で、健康維持に寄与する大切な栄養素です。カットしたりんごが空気中の酸素に触れて変色するのも、このポリフェノールの一種が酸化して変色しているためです。 以上のように、りんごを加熱することでペクチンが大幅に増えポリフェノールが減らずに残るため、健康効果が期待できるわけです。

りんご7976を皮ごと食べることで光老化予防につながります。

まず光老化とは、瞳孔への光により肌の老化へつながる現象のことです。 この予防には、(りんごポリフェノール)という成分が紫外線の肌への悪影響を抑制する効果があると学会で発表されたとの事です。 多く摂取するには皮ごと食べることが望ましいですが、たくさん食べることがむずかしい方には、りんごをまるごと使用したリンゴジュースを飲むことで光老化の原因であるシワ、たるみ、日焼けへの予防になります。 毎日美味しく、美容へと繋げていけたらいいですね。